産後太りの原因と産後ダイエット☆!

 産後太りの原因(妊娠時)


 

 産後、太ってしまう原因には…2つあります。

 

 先ず1つ目の原因としまして、

 妊娠中、赤ちゃんを無事出産するために、

 母体は血液や脂肪を増やします。

 

 8Gwowにご来店されるお客さまの中では、

 妊娠から出産までに平均8kg~15kg体重が

 増えている方が多いです。

 

 この増加する体重の原因は、

 ・赤ちゃん

 ・胎盤

 ・羊水

 ・血液

 ・脂肪

 

 赤ちゃん、胎盤、羊水が約5kgほど、

 血液が約2kg、残りは脂肪です。

 

 増加した血液は、自然と元に戻るようですが、

 脂肪は個人差があり、なかなか思うように

 落ちてくれないのが現状です。

 

 妊娠中は、激しい運動ができないため、

 運動不足になりがちです。

 

 そのため筋肉量が落ち、代謝が悪く

 なっていきます。

 

 更に、時間に余裕ができるなどの原因から

 食べ過ぎてしまうことで、脂肪が増えるという

 悪循環に見舞われます。

 

 食べ過ぎや運動不足で脂肪を増やし過ぎないよう

 注意が必要です。

 

 

 産後太りの原因(産後)


 

 産後太りの原因の2つ目は、

 妊娠中に骨盤がゆるみ、それが原因で太りやすく

 なっている場合があります。

 

 妊娠中から産後にかけて、骨盤内の筋肉が

 低下したり、出産により骨盤の関節がゆるむことで、

 骨盤にゆがみが生じます。

 

 骨盤がゆるむことで、内臓の位置がずれて、

 ポッコリお腹や、デカ尻へとつながります。

 

 また、育児時から起こる睡眠不足や

 ストレスにより、ホルモンバランスが崩れ、

 脂肪を蓄えやすい体質に変わったり、食欲が

 増加したりと産後太りの要因につながっている

 ようです。

 

 ストレスを感じたら、貯めないよう

 リラックスする時間も作るようにしましょう。

 

 産後痩せやすい時期


 

 産後3~6か月の間は、脂肪が落ちやすいと

 言われています。

 

 その理由は、生後3か月ごろから、赤ちゃんの

 飲む母乳の量が増えるからです。

 

 母乳を100ml作るために必要なエネルギーは、

 約65cal と言われています。

 

 生後1~3か月の赤ちゃんでも

 1日700ml飲むので、母乳育児されてるお母さんは、

 1日455cal消費されます。

 

 また母乳育児をすると、プロラクチンという

 ホルモンにより、今まで赤ちゃんを守るための

 脂肪を蓄えやすい体質から、正常にもどすため

 脂肪を蓄えにくい体質へと変化します。

 

 しかし、こちらには個人差もあるうえ、

 母乳育児をしているとお腹がすきやすく

 なるので、食べ過ぎには注意が必要です。

 

 

 8Gwowのお客さま

 

 産後、20kg体重が増えたお客さまです。

 

 75日間20回のパーソナルトレーニングで、

 -16.6kg減量しました。

 

 産後、お医者さまより、

 コレステロール値や血糖値の注意をうけ、

 大幅なダイエット!!に挑戦しました。