カロリー計算とダイエット

 栄養素のカロリー


朝食

 

 体重を落とすためには、摂取カロリーよりも、

 消費カロリーを多くすることが重要です。

 

 3大栄養素でもある、脂質、たんぱく質、

 炭水化物(糖質)、それぞれのカロリーは、

 

 ・脂質(1g)→ 9kcal

 ・たんぱく質(1g)→ 4kcal

 ・炭水化物(糖質)(1g)→ 4kcal

 

  (※これらは、個人の吸収率や調理法によって

    変化するため、あくまで参考です。)

 

 

 体脂肪のカロリー


肉

 

 純粋な脂質を、1㎏消費するには9000kcal

 必要となります。

 

 しかし、人間の体脂肪は不純物が混ざっているため、

 1㎏消費するのに必要なカロリーは、

 7200kcalと言われています。

 

 例えば、3kgの体脂肪を落としたい場合、

 7200kcal ✕ 3kg= 21600kcalの、

 消費カロリーが必要となります。

 

 これをもとに、ダイエットの期間と、

 目標減量体重を分割して1日あたりの

 アンダーカロリーを計算すれば

 おのずとダイエットは成功します。

 

 

  カロリー消費の手段


体脂肪

 

 

 では、ダイエットにおける手段として、

 運動と食事制限どちらが体重の減少に

 効果的なのでしょうか。

 

 その答えは、運動をして500kcal消費しても、

 食事を減らして500kcal消費しても、体重を

 落とすという目的においては同じことです。

 

 食事で500kcal減らすとすれば、だいたい

 ポテトチップス1袋、運動にすると50㎏の

 体重の人で、およそ10㎞走る計算となります。

 

 (※ ジョギングの消費カロリーの目安)

 体重(㎏)× 距離(㎞)= 消費カロリー(kcal)

 

 

  理想的なダイエット

体脂肪

 

 食事制限だけでも体重を減らすことは

 できます。

 

 しかし、食事制限だけでは、筋肉を大きく

 減らし基礎代謝量をも減らしてしまいます。

 

 筋肉量を上げ、基礎代謝量を上げることで、

 食べても太りにくい身体にすることが、

 理想的なダイエットと言えるのでは

 ないでしょうか。

 

 詳しくは、

 「基礎代謝とダイエットの関係」を

  ご覧ください。

 

 引き締まったボディラインと、健康的かつ、

 リバウンドをしない身体を作るためには、

 適切な運動と正しい食事のコントロールが

 必須になります。